助産師人生、いつかは報われるさ!
by 5dnvc5eupj
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
生活保護受給の外国人、初の1..
at 2010-06-15 14:25
生活保護受給者の老齢加算廃止..
at 2010-06-03 19:28
「マニフェスト」と呼称せず=..
at 2010-05-27 16:57
政府、口蹄疫対策に総力=農家..
at 2010-05-18 21:08
谷亮子、トヨタを退社し民主党..
at 2010-05-11 13:22
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「マニフェスト」と呼称せず=「詐欺の代名詞」と敬遠―夏の参院選で自民(時事通信)

 自民党は25日、夏の参院選公約について「マニフェスト(政権公約)」の呼称を使わない方針を固めた。昨年の衆院選では各党が公約をこぞってマニフェストと呼んだ。しかし民主党が重要政策に掲げた高速道路無料化や子ども手当などをめぐり迷走、実現が不透明になっていることから、イメージが悪いと判断した。
 自民党の同日の会合では、マニフェストの名称について「詐欺の代名詞」などの批判的な意見が続出。同党では、単に政権公約と呼ぶ方向だ。ただ、インターネットで検索しやすいように「政権公約(いわゆるマニフェスト)」とのただし書きを付け加える。
 こうした動きは他党にも見られ、公明党はマニフェストの代わりに「インデックス」などの呼び名を検討。みんなの党は「アジェンダ(政策課題)」という用語を多用している。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】渋滞はなぜ起こる?対策は?
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

【暗流 公益法人仕分け】免許講習利権にメス 勤役員全員天下り(産経新聞)
妻の7割近くが不快感 30代夫のにおい「古くなった油」?(産経新聞)
橋下新党、初陣で勝利=統一選に向け弾み―大阪市議補選(時事通信)
090金融業者8人逮捕=無登録で109倍金利も―警視庁(時事通信)
「仮想空間」マルチ商法 特商法違反容疑で一斉捜索 埼玉県警 (産経新聞)
[PR]
by 5dnvc5eupj | 2010-05-27 16:57

政府、口蹄疫対策に総力=農家への生活・経営支援―予防的殺処分の拡大検討(時事通信)

 宮崎県で口蹄(こうてい)疫の被害が拡大していることを受け、政府は17日夕、首相官邸で、鳩山由紀夫首相を本部長とする「口蹄疫対策本部」の初会合を開いた。会合では、感染拡大防止に向けて家畜の殺処分などの防疫措置の徹底や、被害を受けた農家に対する生活支援に万全を期すことを決定。政府の総力を挙げて口蹄疫問題に取り組み、対策を強化していく方針を確認した。
 会合後記者会見した平野博文官房長官は、感染の懸念のある地域で予防的に全頭殺処分する措置の導入について「現行の法律でどうなのかという議論もある。しかし今は封じ込めをして撲滅することが一番大事だ」と述べ、現地の状況を踏まえ、導入を検討するとの認識を示した。
 また、鳩山首相は同日夜、対策費を予備費から拠出することについて「額はこれからだが、迅速性を求められているとき(の活用)は正しい判断ではないか」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。これに関して政府関係者は、100億〜200億円の予備費活用に言及した。
 会合では鳩山首相が冒頭、「口蹄疫の拡大が大変懸念される。危機管理上重大な課題だ」と指摘。「一刻も早く農家のみなさんに安心してもらえる状況をつくらないといけない」と強調した。 

【関連ニュース】
対応後手、与党からも政府批判=野党は責任追及へ
1000億円は疑問=口蹄疫対策で財務副大臣
誤解招く表示やめて=口蹄疫で食品業界に要望
首相をトップ、本部格上げ=政府、関連法の改正検討

<遺体発見>さいたま市で22歳の男性 事件事故両面で捜査(毎日新聞)
<子宮頸がん>予防ワクチン、小6に集団接種…栃木・大田原(毎日新聞)
<夕張メロン>初競り 夏の味覚に2玉150万円 (毎日新聞)
法定外福利厚生費は742億円=98独法が9年間で―総務省調べ(時事通信)
<半田男性変死>酪農業の男をひき逃げ容疑で逮捕…愛知県警(毎日新聞)
[PR]
by 5dnvc5eupj | 2010-05-18 21:08

谷亮子、トヨタを退社し民主党から参院選へ(レスポンス)

女子柔道五輪金メダリストの谷亮子が10日、民主党から参議院選挙に立候補することを表明した。それに先立ち4月1日付で、嘱託社員として所属していたトヨタ自動車を退社している。

トヨタ自動車はこの件について「立候補表明は退社後のことなのでコメントする立場にない」という。

《レスポンス 高木啓》

【関連記事】
国交省、当選祝電をとりやめ---無駄遣い見直し
[総選挙09]週刊誌 特大号3誌を読み比べ
大矢アキオ『喰いすぎ注意』…驚愕! 料理界に“レスポンス現象”?
日産ミスフェアレディ、48人でスタート
民主党 特別編集

子ども手当、現物給付も=消費増税は4年後実施−民主の参院選公約案(時事通信)
「最低でも県外」党の考えではない…首相(読売新聞)
弁護士増に対抗 「士業者」連携 顧客つかめ 司法、行政書士ら横断型サイト(産経新聞)
民主・社民統一候補が出馬断念=参院沖縄(時事通信)
「県外」は努力したい思い 首相 普天間発言で反論(産経新聞)
[PR]
by 5dnvc5eupj | 2010-05-11 13:22