助産師人生、いつかは報われるさ!
by 5dnvc5eupj
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
生活保護受給の外国人、初の1..
at 2010-06-15 14:25
生活保護受給者の老齢加算廃止..
at 2010-06-03 19:28
「マニフェスト」と呼称せず=..
at 2010-05-27 16:57
政府、口蹄疫対策に総力=農家..
at 2010-05-18 21:08
谷亮子、トヨタを退社し民主党..
at 2010-05-11 13:22
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

常連客らと次々交際、うそ重ね金無心…上田容疑者(読売新聞)

 鳥取県内で男性らが相次いで不審死した事件は28日、鳥取市の元スナックホステス、上田美由紀容疑者(36)による強盗殺人事件に発展した。

 周囲からは、世話好きで、話し上手と言われる上田容疑者。一方で、出所不明の薬剤を大量に持ち歩く姿が目撃され、複数の男性に近づいては、うそを重ねて金を引き出していたという。県警は「生活のために人をだましてきた実態があった」とみている。

 「うるさいぐらいおしゃべりな子」「クラスメートが喜びそうな物をプレゼントしては、相手の気を引こうとしていた」。同県中部の小、中学校時代の同級生らは、上田容疑者の印象を振り返る。一方で、上田容疑者自身は、小学6年の文集に「趣味 あばれること」「性格 たんき(すぐもんくをいう)」と書くなど、違った側面もみせていた。

 上田容疑者は中学卒業後、地元のストッキング製造工場などで働いた後、自衛官と結婚。夫婦で一時、大阪で暮らしたが離婚し、子どもを連れて帰郷した。鳥取市内の繁華街でホステス勤めを始めたのは2000年頃。常連客らと次々と交際するようになり、この5年間では、少なくとも10人と付き合っていたという。

 「ぽっちゃり型で、愛嬌(あいきょう)のあるホステス」。05年から約2年間勤めたスナックでは最も若く、人気があった。女性経営者は「もてるタイプではなかったが、甘え上手で、男性の気を引くのがうまかった」と言う。

 客によく酒をおごり、自分の生い立ち話をする。だが、関心を寄せてくる男性と交際が始まると、たびたび金を無心した。「県外の病院に入院した」「お金がなくて母子寮に入った」。元交際相手の男性(66)は「いろんな理由で金を要求され、300万円以上を渡した。みんなうそだった」。

 周りには「大阪で看護師をしていた」と言っていた。県警が調べたところ、これも事実ではなかった。

 大量の薬剤をアパート自室などに所持、不審死した男性の遺体から検出されたのと同じ成分の睡眠導入剤はポーチに入れて持ち歩いていたという。知人の中には体調の悪い時に「これ飲んだら」と薬を渡され、気を失ったり、病院に搬送されたりした人が複数いる。

 一方で気性の激しい面もあり、上田容疑者方で同居していた警備会社員の男性(07年に27歳で死亡)の親族によると、上田容疑者は男性に家賃を要求し、男性をフライパンでたたいたり、熱湯をかけたりしたこともあったという。

社会医療法人認定進まず 制度発足から2年「壁」高く(産経新聞)
自民、谷垣氏の新ポスター製作 ソフトさ演出も…(産経新聞)
千葉大生殺害 窃盗容疑で男再逮捕、カードで現金引き出す(毎日新聞)
社民党 普天間、現行案なら連立離脱 福島党首改めて示唆(毎日新聞)
関東大震災、朝鮮人虐殺の犠牲者 授業で根拠ない「6600人」 日教組教研集会(産経新聞)
[PR]
by 5dnvc5eupj | 2010-01-30 17:02

つかこうへいさんが肺がん公表(時事通信)

 劇作家のつかこうへいさん(61)は25日、肺がんを患ってることを公表した。所属事務所によると、現在、病院で抗がん剤による治療を受けているという。
 つかさんは、東京都中央区の新橋演舞場で2月3日から始まる舞台「飛龍伝」の演出を手掛けており、公演は予定通り行われる。 

【関連ニュース】
井上ひさしさんが肺がん
抗がん剤で肝不全、脳症の疑い=使用上の注意改訂を指示
中外製薬の主力抗がん剤アバスチン、肺がんへの追加適応を承認取得
エーザイと提携して抗がん剤開発=米クインタイルズ〔BW〕
小野薬品、2医薬品の製造販売承認を取得=抗がん剤による嘔吐予防と糖尿病治療薬

<空海>唐から持参の文献「三教不齋論」写本を発見(毎日新聞)
認知症の人を受け入れ、尊重するケアを(医療介護CBニュース)
毎日新聞に100万円賠償命令=元秘書官発言、不正確に引用−東京地裁(時事通信)
<少子化対策>認可保育所の定員年5万人増へ 来年度から(毎日新聞)
酔って壁をけり壊した容疑、千葉県室長を逮捕(読売新聞)
[PR]
by 5dnvc5eupj | 2010-01-29 08:37

<窃盗>高級貝タイラギ、大量になくなる 佐賀の海で養殖(毎日新聞)

 佐賀県有明水産振興センターが試験養殖していた高級貝のタイラギが大量になくなった事件があり、県警鹿島署は20日、窃盗容疑で捜査を始めたと発表した。海で養殖している魚類が不明になった場合、逃げた可能性もあるため窃盗罪の適用は難しいが、県警は「タイラギは自分で逃げられない」として、同センターからの被害届を受理した。

 センターによると、昨年12月4日午前4時〜今月5日午前5時ごろ、同県太良町大浦の有明海のタイラギ増養殖技術開発試験漁場から、タイラギ約2500個が盗まれた。被害額は10万7500円。

 試験場は有明海漁協大浦支所が管理するアサリ養殖場の一部(約500平方メートル)を借りているが、タイラギに移動能力がないことや、試験場がロープで囲われていることなどから、県警は県の権利を認めたという。

 試験養殖は、09年度から3年間の予定で実施中。昨年5月に10センチほどの天然稚貝約1万個を沖合から移植し、作年末には貝殻の大きさが出荷対象の15センチ以上になっていた。【上田泰嗣、田中韻】

【関連ニュース】
奈良・不明住職:万引き容疑で逮捕 福島のスーパーで
万引き:千葉県警の警部逮捕 茨城の店で人形盗んだ疑い
窃盗:給与900万円盗まれる 名古屋の飲食店
指定ごみ袋:転売目的で盗む 町職員逮捕 奈良・田原本町
銀座貴金属店窃盗:警視庁、香港警察と本格的な情報交換へ

「民主議員は不当逮捕にもっと怒りを」達増・岩手知事が検察批判(産経新聞)
交番の警官が現金抜き取り=落とし物の財布から−神奈川県警(時事通信)
空海 唐から持参の文献「三教不齋論」写本を発見(毎日新聞)
成人式壇上で奇声、扇子で市長コツン?…2人逮捕(読売新聞)
<著作権法>新聞協会が反対意見書 2次利用緩和に(毎日新聞)
[PR]
by 5dnvc5eupj | 2010-01-28 06:37

近ツー元社員、7億円搾取 大阪地検 容疑で逮捕へ 取引先から積立金名目 (産経新聞)

 大手旅行代理店「近畿日本ツーリスト」の元社員が在職中、旅行券の積立金名目で取引先の建設会社から約7億円をだまし取った疑いが強まり、大阪地検特捜部は21日、詐欺容疑で大阪市東成区に住む元社員(41)の取り調べを始めた。容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 関係者によると、福知山支店の営業担当だった元社員は、建設会社の会長に、現金を一定期間預けると約3%の利息分を上乗せした旅行券を受け取れる「旅したく」の契約を勧誘。平成18年11月〜20年1月、10回にわたり計約7億円を銀行口座に振り込ませ、詐取した疑いが持たれている。

 建設会社側が21年2月、近ツーに旅したくの残高を照会したところ、入金記録はなく、元社員も退職していたことが判明。元社員に確認すると、「現金の取り扱いなど(近ツーの)業務管理の甘さを悪用した」と認めたという。

 このため、建設会社側は翌3月、詐欺罪で大阪地検に刑事告訴するとともに、11月に元社員と近ツーを相手取り、積立金の返還を求める民事訴訟を大阪地裁に起こした。

 近畿日本ツーリストは産経新聞の取材に「元社員が勝手に会社の名義を使って詐欺をしており、会社の管理を超える部分に当たるため返済義務はない」とコメントしている。

                   ◇

【元社員一問一答】

 ■「ノルマのため」

 元社員は昨年11月、産経新聞の取材に応じた。一問一答は次の通り。

 −−旅したく契約を悪用して約7億円をだまし取ったのか

 「(自分のしていた取引は)自転車操業のようなもの。不法行為は認めるがだますつもりはなかった。ただ、最初から正規の取引として扱うつもりはなく、個人口座に入金させていた」

 −−きっかけは

 「営業ノルマの達成のためで、一部は近ツーに納めている」

 −−金の使い道は

 「自分で経営している会社の運転資金に回したほか、一部を個人的な遊興費に流用した」

 −−近ツーも不法行為に関与していたか

 「それはない。建設会社側から民事訴訟を起こされたが、近ツーが被告になったのは寝耳に水だろう」

衆院予算委、きょうから本格論戦 自民、審議応じ「ゆっくり追及」(産経新聞)
<元長崎市長>本島等さん、野中元議員と反戦対談(毎日新聞)
民主党と読売新聞 誤報か否かで「戦闘」状態(J-CASTニュース)
犯行手口は漫画『クロサギ』から?ティファニー強盗の正体とは(産経新聞)
警察庁 死因究明研を設置 鳥取、埼玉、相撲部屋リンチ…初動強化で事件闇に葬るな(産経新聞)
[PR]
by 5dnvc5eupj | 2010-01-26 11:31

発想を形に 服飾専門学校生がショップ運営(産経新聞)

【ファッション・ナビ】

 将来のファッション業界を担う人材の多くは専門学校で育つ。ただ、実際に企業などで働き始めると、学生時代のイメージとは大きく違って大変だった−という経験のある人は業界を問わず多いだろう。大阪文化服装学院(大阪市淀川区)は企業の協力を得て、学生に店の運営を経験させる学科を設けている。大阪・キタにあるショップで、学生たちはモノを売る難しさを実感しつつも、日々工夫を重ねている。(青木勝洋)

 大阪市北区中崎西のJR高架下にある商業施設「チェルシーマーケット」。この中の約40平方メートルのスペースで、同学院ファッション・プロフェッショナル学科の学生たちが「GEEK LAB.(ジークラボ)」という店を運営している。スタッフは、店長の升川拓さん(21)ら6人。商品の買い付けを担当するバイヤーや広報を担当するプレスなどそれぞれ役割が決まっている。

 服も置いているが、ぬいぐるみや帽子、かばん、文房具など雑貨中心に約300点の品ぞろえ。ターゲットの客層は、18〜22歳のシンプルだが小物でアクセントをつけるおしゃれな人だという。

 オープンは昨年9月18日。「最初は服中心で考えていた」(升川さん)が、同じフロアには人気セレクトショップが隣接。この店との差別化を図らなければ自分たちの店が埋没してしまう。そこで雑貨の比率を増やした。「でも、雑貨は商品単価が服と比べると安いので、売り上げ増になかなか結びつかなくて」(升川さん)と試行錯誤の毎日だ。

 同学院が大手アパレル専門店チェーンのパル(本社・大阪市中央区)の指導協力を得て、この学科をスタートさせたのが平成12年4月。升川さんたちは10期生で、昨年4月から8月までは、販売実習などを経験する一方で、出店予定地のリサーチや企画書作り、商品の仕入れなど出店準備を進めてきた。

 2月には決算と卒業論文が控えている。これまでの店舗運営について、升川さんは「店を持続させることは難しい。変化をつけないとお客さんもあきてしまうし」と振り返る。升川さんらを指導する同学院教員の播岡充さんは「学校にいたら経験できないこと」と学生たちの成長ぶりに目を細める。実践教育とは、本来このようなことをいうのだろう。

 厳しい経験を重ねる中で升川さんは「ステップアップしていって、最終的には自分の店を持つのが夢」としっかりと将来を見据えている。

 ジークラボは今年8月までの予定。9月ごろには、11期生のショップがオープンすることになる。学生たちの真剣勝負の発想が、次はどんな形で具体化するのか楽しみだ。

 ■GEEK LAB.(ジークラボ) 大阪市北区中崎西2の4の20 チェルシーマーケット内 (電)06・6292・1448 営業時間は午前11〜午後9時

【関連記事】
ど真ん中は狙わない 関西発ファストファッション「イーヴス」
今年の流行を占う 明るくポジティブ
長短“二極化ブーツ” 冬脚席巻
10年春夏東京コレクション 個性的な味わいお試しを
毎日のお風呂に癒されて イスラエル発のバスブランド「SABON」

首相動静(1月19日)(時事通信)
ハイチ大地震 日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)
<原子力事故>初期医療を支援する専門チーム発足 放医研(毎日新聞)
小沢氏聴取、今週末か 妻にも打診(産経新聞)
中学生書き初め276点ズラリ(産経新聞)
[PR]
by 5dnvc5eupj | 2010-01-25 14:13

16歳の少女を2カ月も“支配” 33歳男のゆがんだ欲望(産経新聞)

 「小学校の同級生だよ」−。33歳の男が学生服のブレザーを着込んでスクールバッグを持ち、高校生に変装した上で16歳の女子高生をナンパした。男は猛アタックの末、少女と約2カ月にわたる自宅での“奇妙な同居生活”を始める。「若い女性が好き」。男は同居中に少女にわいせつ行為を繰り返したなどとして、児童福祉法違反(有害支配)容疑で今月14日、神奈川県警に逮捕された。それまで女性との交際経験もなく、「イケメンでもないし、高校生にも見えない」(関係者)という男が、ゆがんだ欲望を実現させた顛末(てんまつ)は…。(大渡美咲、黒田悠希)

 ■高校生に変装

 「娘を傷物にした」

 少女の父親が怒りの対象とする男。児童福祉法違反容疑で逮捕された佐藤敏紀(としのり)容疑者=横浜市瀬谷区=だ。

 神奈川県警の調べによると、事件の始まりは平成20年7月にまでさかのぼる。

 「小学校の同級生だよ。覚えている? 僕は高校1年の16歳だよ」

 佐藤容疑者は、少女が当時通っていた県立高校の近くでこう話しかけた。黒のブレザーを身につけ、スクールバッグを持って高校生に変装していた。

 少女は「そうなのかな」と内心思ったが、それほど疑いを持つことはなかったという。見た目は小柄で、きゃしゃな感じという佐藤容疑者。県警捜査員や仕事先の関係者も「決して33歳には見えない」と口をそろえるのだが…。少女はすっかりだまされてしまった。

 佐藤容疑者はそれから3週間にわたり、少女を通学路で待ち伏せするなどストーカーまがいの行為を繰り返す。「いやだと思っていた」という少女だったが、断り切れず、佐藤容疑者に宅地造成地などに連れ込まれて無理やりキスをされたり、胸を触られたりしたという。その後もメールのやり取りや、公園での会話など関係は途切れることなく続いた。

 佐藤容疑者は当時を振り返り、「少女とは付き合っていた」と供述しているという。

 少女の母親は、少女の帰宅が遅いことから2人の関係に気づき、交際をやめるよう説得した。佐藤容疑者にも会いに行った。

 しかし、佐藤容疑者は少女の母親に対しても「高校1年です」と自己紹介したという。母親は「多少老けているな」と思いながらも佐藤容疑者の話をうのみにし、「まだ高校生なんだから変な関係にはならないで」と佐藤容疑者に頼みこんでいた。

 ■奇妙な同居生活

 少女は佐藤容疑者と知り合ってから半年ほどが経過した昨年3月、高校を中退した。何もすることがなく家にいたため、母親からは職に就くよう求められていたという。これが、少女と佐藤容疑者が同居するきっかけとなった。

 昨年7月26日、佐藤容疑者は働いていたパチンコ店を無断欠勤する。「もう家を出たいよ」と話す少女と会うためだった。

 「うちに来ればいいよ」

 佐藤容疑者は少女を自宅アパートに誘い、2人の同居生活が始まった。県警の調べに佐藤容疑者は「女性と付き合ってみたかったので家に呼んだ」と話している。

 自宅に住み始めた少女に佐藤容疑者は「おれの家族にはかかわるな」と言いつけた。佐藤容疑者は母親と兄の3人暮らし。いずれも無職で自宅にいることが多かったが、食事を一緒に食べることもなく、互いに干渉しない家族だったため、少女と家族が顔を合わせることはほとんどなかったという。佐藤容疑者は家族に対し、少女のことを「バイト先で知り合った26歳の彼女」と説明していた。

 近所に住む主婦は、「引っ越しのあいさつでうかがったときに、家の中が見えたんですけど、殺風景で生活感がなかった。お母さんはめったに見ることはなかった。佐藤容疑者はおとなしいけど変わった人という印象」と話している。

 佐藤容疑者は自分の部屋に少女を住まわせ、連日にわたってわいせつ行為を繰り返す。少女はこのときのことを「思いだしたくない」と語るほど苦痛に感じていたという。

 外出などは自由だったが、佐藤容疑者から「遠くに行くな」と言いつけられていた。少女の母親も捜索願を出すことなどはなかった。

 捜査関係者は「監禁とまではいかないが、心理的に佐藤容疑者のところに帰らなくてはいけないという思いにさせていたんだろう」と分析する。

 少女が「家に帰ろうかな」と言うと佐藤容疑者は、「家出しちゃったんだから後戻りはできないよ」と説得。それでも少女が別れを切り出すと、「別れるなら手首を切って死ぬ」と言ったり、少女の前でナイフを持って「胸を刺してくれ」と威圧感を与えたりといった言動を繰り返していた。

 ■若い女性へのあこがれ

 2人の同居生活は、佐藤容疑者の兄の一言で終止符を打つ。

 同居から約2カ月がたった9月、佐藤容疑者の兄が「うちは生活が苦しく面倒を見る余裕がない」と少女に話しかけた。「弟から26歳と聞いているが、どう見ても18歳未満だよね」と問いかけると、少女は「私は16歳」と答えた。

 兄が「弟は33歳なんだよ」と明かしたことで、少女は初めてだまされていたことに気づいた。少女はすぐに母親にメールし、母親が県警緑署に被害届を出した。

 少女は佐藤容疑者との関係について聞かれると黙り込んでしまうなど相当なストレスを抱えているという。少女の父親も「娘を傷物にした」と怒りを抑えられない様子で、母親も「娘をおもちゃにされた」と損害賠償を求めて、裁判所に提訴することも検討しているという。

 一方の佐藤容疑者は、容疑を認めているものの、反省するような様子はないという。

 少女との同居生活に入るまで、女性との交際経験もなかったという佐藤容疑者は「女性は若ければ若い方がいい。特に女子高生が好みです」と話しているという。

 県警によると、佐藤容疑者は「なかなかナンパできないので気の弱そうな子に声をかけた」と少女に声をかけた理由を説明。少女に執着したことについては「おとなしかったので自分に付いてきそうだった。付き合っていくうちに、ゆくゆくは結婚したいと思うようになった」とも。

 佐藤容疑者は少女と同居してから、昨年1月に働き始めたパチンコ店を7月に無断欠勤した後、辞めていた。アルバイトから正社員になって約2週間だった。給料は20万円程度で、少女の洋服代や食事代などを出していたため、貯金はほとんどなくなっていた。

 パチンコ店の関係者は「勤務態度はまじめで一生懸命と直属の上司から聞いている」と振り返る。佐藤容疑者は少女のことも店で話しており、「『6月に入籍する』と話していた」という。

 なぜ2人の関係が続いたのか。作田明・聖学院大客員教授(犯罪心理学)は少女の佐藤容疑者に対する思いについて、「誰も頼る人がいない中、佐藤容疑者と一緒にいるうちに存在が大きくなっていったのかもしれない。しかし、あとから考えると一方的に利用されたのではないか、などと悪いイメージがふくらみ、当時は受け入れていたことについても嫌悪感を抱いているのでは」と分析する。佐藤容疑者については「少女に逃げられたら後がないと、思い詰めていたのかもしれない」と話している。

【関連記事】
“元同級生”17歳サバ読みナンパ男の素顔…警察が激白
教え子にみだらな行為 容疑の塾講師を逮捕 愛知県警
12歳娘に淫行させる 容疑の母親ら追送検
6少年選手にわいせつコーチ懲役8年 「忍耐こそサッカー上達」
デリヘル「痴漢車トーマスくん」 経営者と女子高生を逮捕 警視庁

小沢氏側、聴取応諾を回答=東京地検と調整、週内にも−妻にも要請・規正法違反事件(時事通信)
<阪神大震災>犠牲者追悼式に鳩山首相が出席へ(毎日新聞)
小沢氏、問い掛けに無言=首相公邸寄り、党大会に(時事通信)
<掘り出しニュース>五輪フィギュア上位、サッカーW杯も活躍 岐阜の神社で粥占い(毎日新聞)
<新任判事補>99人に辞令交付(毎日新聞)
[PR]
by 5dnvc5eupj | 2010-01-23 20:12

常総線踏切で列車と衝突、軽乗用車の女性けが(読売新聞)

 22日午前7時40分頃、茨城県常総市山口の関東鉄道常総線三妻―南石下駅間の踏切で、水海道発下館行き普通列車(1両)が軽乗用車と衝突、軽乗用車を運転していた同市内の女性会社員(25)が首や腕を打ち軽傷。列車の運転士と乗客32人にけがはなかった。

 常総署の発表によると、踏切に遮断機や警報機はなく、女性が列車に気付くのが遅れたか、気付かないまま踏切を横断しようとしたとみて、原因を調べている。

 この事故で、同線は水海道―下妻間で約2時間運転を見合わせ、乗客約500人に影響が出た。

出会えない「出会い系」摘発!“さくら”女性で利用客だます(スポーツ報知)
「和包丁」世界を切る! 仏料理でも支持、輸出量増加(産経新聞)
「人のいる空間守れ」ローコスト耐震化実証 京大防災研(産経新聞)
<消費税>鳩山首相「4年間は行わず」 歳出の見直しに努力(毎日新聞)
女性、無党派層「鳩山離れ」一気に(読売新聞)
[PR]
by 5dnvc5eupj | 2010-01-23 02:50

八重山毎日「台湾疎開」に=新聞労連ジャーナリスト大賞(時事通信)

 日本新聞労働組合連合は15日、昨年1年間に平和・民主主義の確立などに貢献した記事を表彰する「第14回新聞労連ジャーナリスト大賞」に、八重山毎日新聞(沖縄県)編集局編集部の松田良孝記者による、戦時中に八重山諸島から台湾に疎開した人たちを取材した「“八重山難民“の証言 生還−ひもじくて」を選定したと発表した。
 大賞理由について「台湾疎開という、光が当てられることが少なかった戦時下の史実をインタビューや資料の裏付けで現代によみがえらせ、戦争体験の掘り起こし作業を行った」と評価した。
 優秀賞は毎日新聞大阪本社学芸部の遠藤哲也記者による「点字の父ブライユ生誕200年を記念した視覚障害者の権利擁護に関する報道」と、沖縄タイムス社会部の黒島美奈子記者が地方における医師不足など医療現場が抱える問題点を幅広く報じた「地域医療のカルテ」が選ばれた。
 「第4回疋田桂一郎賞」には、徳島新聞文化部の多田さくら記者による、家庭内暴力(DV)の被害者や専門家らを幅広く取材した多角的な報道が選ばれた。
 授賞式は29日午前11時半から、東京都の文京区民センターで。 

【関連ニュース】
来年度診療報酬、0.19%引き上げ=10年ぶりのプラス改定
新幹線、高速整備を要望へ=10年度予算、社民は環境税前向き
「診療報酬プラス改定を」=長妻厚労相と初の意見交換
小児科と産婦人科、減少傾向続く=08年医療施設調査
高校無償化に4624億円=8.98%増の5.7兆円

1次判定で「非該当」3.3ポイント減―要介護認定(医療介護CBニュース)
政教分離 「神社に市有地提供」20日に最高裁大法廷判決(毎日新聞)
最高裁 「公平、誠実に職責果たす」…白木判事が抱負(毎日新聞)
【葬送】「おい!鬼太郎」…目玉おやじ役の声優・田の中勇さん(産経新聞)
<日米外相会談>ヤシの木を背景に共同会見 ハワイ(毎日新聞)
[PR]
by 5dnvc5eupj | 2010-01-22 05:45

殺人否認の被告、3月に公判=裁判員裁判で初−静岡地裁(時事通信)

 静岡地裁(原田保孝裁判長)は18日、スナック経営の女性を殺害したとして殺人罪に問われている無職小田義雄被告(60)に対する裁判員裁判の審理日程を3月9〜12日、同15〜18日の計8日間と決めた。小田被告は起訴内容を否認しており、犯人かどうかが争われる殺人事件の裁判員裁判の公判期日が決まったのは初めて。
 9日午前に裁判員と補充裁判員の選任手続きを実施、同日午後の初公判から6回の公判で証人5人の尋問や被告人質問などを行う。18日午後に判決を言い渡す予定。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
無期求刑の男に懲役20年=裁判員、結審日判決「もう少し時間を」
「気負わず、職責全う」=白木新判事が就任会見
裁判長「実刑意見あった」と説諭=猶予判決、評議に言及
荷役業者殺害で懲役17年=裁判員「裁判官だけなら15年かも」

山岡氏、外国人参政権法案提出は「予算成立のメド立ってから」(産経新聞)
龍馬とサンゴ“合体”これぞ高知と地元名工(読売新聞)
<土地購入事件>小沢氏、今週末にも聴取 地検に応諾伝える(毎日新聞)
<人事>内閣法制局長官 後任に梶田氏(毎日新聞)
首相動静(1月11日)(時事通信)
[PR]
by 5dnvc5eupj | 2010-01-21 12:58

予備弾15発を所持 居酒屋乱射男、妻の母親を最初に狙う(産経新聞)

 大阪府羽曳野市の居酒屋で大阪市環境局職員、杉浦泰久容疑者(49)がライフル銃を発砲後、自殺した事件で、杉浦容疑者の上着のポケットから15発の予備弾が見つかっていたことが13日、府警への取材でわかった。店内での襲撃の際には、離婚問題でトラブルになっていた妻(48)の母で元羽曳野市議、田中美子さん(66)を最初に狙ったことも判明。府警は、杉浦容疑者がトラブルで自暴自棄になり、泥酔状態で銃を乱射したとみて調べている。

 府警によると、自殺を図った杉浦容疑者の近くに落ちていたライフル銃は5弾装填(そうてん)式。5発の弾はすべて撃ち尽くされており、店内で4個、店外で1個の薬莢(やつきよう)が見つかった。杉浦容疑者の上着には予備弾15発が残されていた。

 薬莢の散乱状況から、杉浦容疑者は店の入り口付近でほとんど動かず銃を乱射。最初に田中さんを撃った後、離婚トラブルとは無関係とみられるアルバイト従業員、福井達也さん(23)と店の大家の上原浩人さん(49)も次々に狙ったという。

 死亡した3人は、ほぼ正面から1発ずつ撃たれていた。1発は外れたが、杉浦容疑者は装填していた最後の弾を自殺に使った。犯行当時、店内には妻と福井さんの兄(26)もいたが、逃げ出して無事だった。

 犯行の約2時間前に店で夫婦で口論になった後、田中さんと妻らが話し合いのために杉浦容疑者宅を訪れた際には、杉浦容疑者は泥酔状態だったという。その後、迷彩服に着替え、銃を持って店に姿を現し次々に発砲した。

 府警は13日、杉浦容疑者宅を家宅捜索。所持していたほかの猟銃4丁や銃弾数十発を確認した。

駅で女子高生を盗撮容疑、JRの運転士逮捕(読売新聞)
日米外相会談 普天間めぐり平行線 同盟深化協議は開始へ(産経新聞)
<鳩山首相>緊急人材育成支援事業 11年度から恒久化表明(毎日新聞)
積み上げられる子供の遺体 死者10万人以上か ハイチ大地震(産経新聞)
参院選、小沢氏の陣頭指揮で=首相(時事通信)
[PR]
by 5dnvc5eupj | 2010-01-20 19:02